会社概要

ごあいさつ

「個が立つ社会」の基盤を担う。それが私たちの理念です。

私たちの考える「個が立つ社会」は、

(1)自立した個、(2)個を社会に活かす組織、(3)個を支える社会から成り立っています。
その三者に貢献したいとの思いから、“Arch-it”(アーキット)という社名を選びました。

“Arch” には “Architecture(アーキテクチャ=基盤)” と “Arch(アーチ=架け橋)” という2つの意味を込めています。“it” は私たちの提供するサービスの対象、すなわち全てのお客様とそのニーズを表しています。

自立した個が組織を活用して社会を豊かにし、豊かな社会が個の成長を支える。そうした「個が立つ社会」において三者の架け橋となることを、事業目的の根幹に据えています。

会社情報

  • 会社名
    • 株式会社アーキット(英文社名:Arch-it Co., Ltd.)
  • オフィス所在地
    • 神奈川県鎌倉市
      (当社に郵送物をお送りくださる方は、お手数ですが事前にご連絡くださいますようお願いいたします)
  • 設立
    • 2002年6月
  • 資本金
    • 10,000,000円
  • 代表取締役
    • 堀内 浩二
  • 事業内容
    • 「個が立つ社会」に資する業務全般
  • URL
    • https://www.arch-it.jp/

メンバー

■代表

堀内 浩二(ほりうち こうじ)

早稲田大学大学院理工学研究科(高分子化学専攻)修了。

アクセンチュア(当時アンダーセンコンサルティング)にて鉄道会社・道路公社・学園法人・飲料メーカー・化学メーカーなど多様な業界における基幹業務改革プロジェクトに参画。1998年より米国カリフォルニア州パロアルトにてITベンチャーの技術評価プロジェクトに携わった後、グローバル企業のサプライチェーン改革プロジェクトにEビジネス担当アーキテクトとして参画。2000年に帰国、ソフトバンクと米国VertialNet社との合弁事業において 情報技術及び事業開発全般を担当。

2002年に株式会社アーキットを設立後は、「個が立つ社会」をキーワードに、「知」(論理的思考・問題解決)、「情」(EQ理論)、「意」(内発的動機づけ理論・意志決定論)を融合させた社会人教育事業に注力している。2004年からはグロービス・マネジメント・スクールにて講師(思考系領域)を務めている。またEQグローバルアライアンスにて公認EQトレーナー育成を支援している。

■フェロー / CZO

大原 直子(おおはら なおこ)

立教大学経済学部経営学科卒業。シカゴ大学大学院修士課程修了(ヒューマニティーズ/美術史文化論専攻)。

アクセンチュア(当時アンダーセンコンサルティング)にて、2年間の米国シカゴ勤務を含め、人・組織戦略策定、研修コンテンツ作成実施に従事。プロのメイクアップアーティストとして活動後、グロービスにて企業向け研修の企画・営業・実施・講師を担当。現在は複数社と契約を結びながら講師、プログラム設計・実施、企業内講師育成サポート等を行っている。

早くから雑談が組織に与えるポジティブな影響に着目し、在籍した各社で雑談文化の醸成を楽しんできた。コンサルティングセールス職においては、セールスを雑談に変えてしまう一方で、雑談の中から結果としてセールスを生み出してきた。アーキットでもフェローとしてプログラム設計に携わるかたわら、CZO(Chief Zatsudan Officer) として顧客との雑談に邁進中。

 ※CZO(Chief Zatsudan Officer / 最高雑談責任者)について
創造的なアイディアは、休憩スペースやカフェなどでのカジュアルな対話から生まれることが多い。CZOは、社内においては、生産性・創造性を高めるために雑談を楽しむ文化を体現する責任を負う。また社外においては、顧客と長期的な関係を築くために率先して顧客と雑談を楽しむ責任を負う。